2016年04月20日

相手にハンドを読ませない方法2

掘り下げます



TT or AQを持ってます
MPからレイズで入りました
BBから3-Betされました


この状況でどうするか


もしQQ+、AKなら4-Bet余裕です

でもTTとかAQの場合、微妙ですね


4-Betするには弱いし、降りるには強すぎ
ってことでここはコールする人が多いでしょう


しかし、OOPで3-Betにコールしてヘッズアップっていう状況はあんまりよくないと言わざるを得ません


この微妙な強さのハンドをどうするか


混ぜちゃえ


ってのが結論です


MPからレイズする弱いハンド
A2~A8,K9o,J8sなど


強いハンド
AK,QQ+


まぁまぁなハンド
99~JJ,AT~AQ,KT,QJs


まぁまぁなハンドっていうカテゴリーをなくして強いか弱いかにしちゃいます


強い
88+,A9+,KT+,98s+

弱い
22~77,A2~A8,K9,J8,54s~87s


で3-Betされたら強いカテゴリーハンドは全部4-Bet
弱いカテゴリーハンドは全部フォールド


そうすると4-Betレンジはかなり広くなります
3-BetにOOPでコールするレンジはゼロになります
3-Betにフォールドするレンジも広くなります


こういうプレイをするとどうなるか
まぁまぁなハンドでOOPから3-Betにコールした場合に起きがちなミスがなくなります


また、ここでもう1つ方法があります
強いハンドでも4-Betせず、3-Betにコールする


こうすると
3-Betに4-Betするレンジを0にします
強いカテゴリーハンドで3-Betにコールします
弱いカテゴリーハンドで3-Betにフォールドします


このように1か0かに自分の選択肢を絞ることで相手があなたから3-Betでミスを誘うことが難しくなります


なぜなら、もし3-Betにコールしてしまうと相手にハンドを読まれてしまうからです
3-Betにフラットコールするハンドレンジはかなり小さいからです


弱いハンドなら絶対フォールドするでしょうしAK+やQQ+ならまず4-Betするのが一般的なのでフラットコールするのはまぁまぁ強いブロードウェイかミドルポケットだろうと相手に読まれてしまいます


上に述べたことを実践することでそれを防げます


フロップ以降のプレイも同じです


強いハンドとナッシングでc-Betを打ち、まぁまぁなハンドはチェックコールするのが一般的な戦略ですが


これだとチェックコールしたときに自分がまぁまぁなハンドをもってることが相手に知られてしまいます


もしチェックコールを一切せず、レイズかフォールドしかしなければ相手にはあなたのハンドが読めません
ただし、この場合、レイズするハンドレンジを強化しないと相手に弱いハンドでチェックレイズしてることがばれてしまいます


なので強いハンドでもチェックレイズする必要があります


こういう感じで自分の選択肢を絞り、そのレンジを広げることで相手に読みにくいプレイをすることができます


っていう自分がまだ全然実践できてない戦略紹介しても説得力ないですが
今上級者向けの本読んでるのでその中の重要そうな戦略をメモ代わりに書いてみました
難しいです


posted by Death at 12:07 | 東京 ☀ | ホールデム戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小遣いブログ その他ギャンブルへ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。