2016年08月13日

ポーカー本紹介

せっかくこれからアフィリエイターになるのでここでちょっと練習もかねてポーカー本紹介しときます

べ、別に買ってくれなくてもいいからね!

過去に紹介した本はこちら

Small Stakes No-Limit Hold'em

Harrington on Online Cash Games; 6-Max No-Limit Hold 'em

どちらも6MAXキャッシュゲーム向けです

え、英語読めないって?

ポーカープロ目指すならポーカーの洋書くらい読めた方がいいですよ

洋書なんか読まずに強くなってる人もいるでしょうけど
日本語に翻訳された本とは情報量が圧倒的に違います

ポーカー人口の大半はアメリカ人なので学生だったら英語真面目に勉強することをおすすめします


では、まず1つ目


「ガス・ハンセンのポーカーミリオンロード」

これは日本語なのでご安心を

ちょっと古いですが2007年にガスがオージーミリオンで優勝したときのハンド履歴を全部載せた本です
ガスのこの大会を通してのプリフロ参加率はなんと31%
5日間で754ハンド中235ハンド

フルテーブルのトーナメントでは異常レベルのマニアックです

ここまでマニアックに戦っていったいどうやったら優勝できるのさって人はぜひ読んでみてください


ぶっちゃけ運がよかったからが大きいですがさすがにこれだけのハンドをプレイして運だけで勝つこともあり得ないです

ガスの1つ1つのハンドについての考察が書いてあるのでもっとルースに戦いたいって人はかなり参考になると思います

自分もルースになりたいって気分になったらこれ読み返してます


2つ目


「ステップアップポーカー ──脱定番ルールで相手を出し抜け」

これは英語版読んだんですが翻訳されてたので日本語版を載せました

珍しく女性が書いたポーカー戦略本です

この本は徹底的に過程主義、結果軽視の考え方の本です

正しい決断して負けるなら本望

ポーカーは確率のゲームであり、長期的に見たら確率的に正しいプレイをし続けた人が勝ちます
彼女はこのマインドを貫いています

そしてスーコネ信者やドロー信者をばっさばっさと切り捨て、何が確率的に正しいプレイなのかを教えてくれます

主にポストフロップの勉強になる本です





「Playing The Player: Moving Beyond ABC Poker To Dominate Your Opponents」

残念ながらこれは洋書です

でもこれはガチ本です

タイトルがすごいですね


Playing the player


自分のハンドではなく相手のハンドと戦うべし、みたいなことはよく言われますが、これはそれとはちょっと違います

ポーカーは人間対人間の戦いです


勝つには相手を上回ればいいんです


そんな本質的なことが膨大なページに書かれてます


アマゾンのレビューで「この本はおすすめしない! ライバルが増えてしまうから」
って書いてる人がいて私はそのレビューにめちゃめちゃ共感しました

本当です

この本を読む人が多くなればなるほどポーカー界全体のポーカーのレベルが上がって勝ちにくくなると思います

それくらいインパクトのある本です

問題は価格が6000円と高額なこと


私も買うのをかなり躊躇したんですが買って後悔はゼロです


この本買うか迷ったら絶対買うべき
買わない方が後悔します!


それくらい自信をもっておすすめします


最後に


「スクールポーカーウォーズ シリーズ」

これは単純に読書としておすすめです

もう読んでる人も多いかもしれないけどまだ読んでない人はぜひ


また、ポーカー知らない人にポーカー紹介するときにおすすめ


簡単にいうとポーカー絡めたラブコメみたいなものですが、著者はかなりポーカーの洋書を読み漁ってるらしく、主人公のポーカー理論語りが面白いです


ストーリーもすばらしくてあっとう言う間に読めちゃうんですが、しっかり感動させてくれます


ポーカー関係のラノベは他に「ガットショット」がありますがこっちはアマゾンのレビューがひどかったので読んでません


以上

アフィリエイト活動でした(笑)

まぁアフィリ目的もありますが紹介した本は全部自信をもっておすすめできるものなので気にせず買っちゃってください


posted by Death at 12:26 | ポーカー書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小遣いブログ その他ギャンブルへ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。