2016年05月18日

ミドルセットは2枚ストレート見えてるならスロープレイするな

はい、今日2回フロップ2枚ストレートがリバーで4枚ストレートになって降ろされました


相手がストレートもってるかブラフしてたかはともかく、11%の確率でせっかくできたセットを降ろされるのは痛すぎます

ってことでもうミドルセットでストレートの可能性ちょっとでもあったらファストプレイします


レイズレイズ


posted by Death at 22:39 | 東京 ☀ | 今日の教訓ホールデム編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年04月23日

ここ3日分負けハンド分析

NLHマイクロレートキャッシュゲーム始めて3日ほど
大きく負けたハンドを分析したいと思います

・OOPで99持っててスリーベット
コールされてボードにオーバーカード2枚落ちて死亡
しかもミドルペアなのをいいことに1回フロートしてるから損が大きい
ライブトーナメントだったら絶対3BETするんですがキャッシュゲームは仕様が違うのでコールにとどめるべきでした

・OOPで77で3-Betにコール、フロップ2オーバーでコールするもターンでセカンドバレルにフォールド
上に同じ

・マニアックな相手にOOPでマージナルハンドで3-BETをコール
ポストフロップ負ける
マニアックから稼ごうと思って調子こきました
マニアックと戦うときはポジションありでABCポーカーやるのが最適だと思うのでこういうプレイやめます
特に昨日は1人のマニアック相手に負けまくりでした

・ボトムペア+フラドロHUで引きに行って引けずに負け
インプラインドオッズ的に分が悪いプレイでした

・A9oでフロップ935r TPTKでベットしたら相手がレイズし、ターンでもリードしてきたのにコールしてしまった
相手は55のセット
ローボードでのレイズはかなり強い手(ツーペア以上かオーバーペア)の可能性大
TPTKは降りるべきです

・7s5sでターンでOESD+フラドロになったのでチェックミニレイズしたがリバー引けずにチェックした
相手はAsKsでノーヒット、このケースではリバーは打つべきだった

ドローが引けなかった場合リバーで自分のハンドをブラフに変えて打つのは基本
相手からみたらターンでレイズしてるのでツーペアかセットに見えるはずです

・AKでOOPで3-BET フロップ当たらずc-BET、相手コール、ターンJでチェック、相手ベット、フォールド
3-BETポットでOOPでエアーでc-BET打つとこうなりますよって典型例

・AToで3-BETされてIPでコール、フロップで相手がチェックしたのでベット、コールされる
ターンはスケアカードでベットしたらチェックレイズされる
3-BETしてきた相手のレンジを考えたらターンのベットは間違い
フロップコールされた時点で負けてると見るべき

・97でトリップスができてA7相手にペイオフしてしまった
フロップ756でチェックレイズがコールされた時点で負けを悟るべき

・ターン、リバーがスケカードだったのでOOPでブラフ→失敗
IPで行うべきプレイだった

・ローカードボードでターンが2オーバー+フラドロ
ベットしたらレイズされた→コールして引けず
この程度のドローで自分から打つべきじゃなかったし、ローボードでのターンチェックレイズは強いと見るべき

・K9oでボード492r
ローボードでのトップペアセカンドベストキッカー
相手がフロップ、ターンとポット近いベットを打ってきてついていくもサードバレルまで打たれたのでフォールド
相手はおそらくセットかツーペア持ってたんでしょう。かなり小さいけどK9の可能性もあります
フロップかターンでレイズして自分が勝ってるか確かめるべき

・TハイフロップでC-Betがコールされ、ターンにスケアカードが落ちた
セカンドバレル打ったら相手に当たってたパターンが2回ありました
c-Betをコールする率の高い相手にはこのプレイはたぶん期待値マイナス
相手は2オーバーでフロートしてる可能性が高いため

・c-BETがコールされてターンで2が落ちてセカンドバレル、リバー引いたのでベット、レイズされフォールド
ターンはチェックでよかった

・A9oでマニアック相手に3-BETされてコール
ローカードフロップで2オーバーでC-BETにコール、ターンブランクでセカンドバレル打たれてフォールド


まとめると私が大負けしてる例

・3BETポットでOOP
・3BETポットでエアーでC-BET、コールされてジ・エンド
・マニアック相手に散在しすぎ
・セカンドバレル失敗
・フロート失敗


これらを改善するために
1.OOPで3BETポットの戦いを避ける
OOPで3BETにコールするハンドはQQ+、AKに絞ります
Light 3BETするときはできる限りIPで

2.3BETポットでのC-BETは状況を見て行います

3.マニアック対策
タイトに戦う
稼ぎたくてハンドレンジ広げたくなるけどマニアックに対してはスタンダードなタイトレンジのハンドが強いので我慢
フロップはフィットorフォールドします。マニアックに対してのフロートにはコストがかかりすぎるのでNG

4.セカンドバレルの打ち方
セカンドバレルが効く場面をよく考えて打ちます

5.フロート失敗
フロートが有効なのはC-BETを打ちすぎる相手です。相手のSTUTを見てフロートすべきかどうかを考えます
フィットorフォールドは弱いってよく言われるけど意味のないフロートはもっと弱い!!


以上の反省を活かして私のキャッシュゲームの大負けを減らしたいと思います




posted by Death at 17:27 | 東京 ☁ | 今日の教訓ホールデム編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年04月10日

アグレッシブな相手にドローハンドでチェックコールはNG

今日ポーカートーナメントに参加してすっごく悔しい想いをしました


ハンド1
ブラインドは75/150
BBでKd3d
ボタンが225にレイズ
SBフォールド
私コール


フロップ(525)
Ad6d4c
ナッツフラドロです!
Kd3dはフラッシュ狙いで参加したのでいいフロップ^^


私チェックして様子見
ボタンベット500


フラドロのあるボードでポットサイズのベット
つまりA持ってる。またはA持ちを主張してのブラフ


まぁもちろんコールします


ターン(1525)
Ad6d4cTs

まぁそう簡単にフラッシュ引けません

相手ベット1275


ほとんどポットサイズのベットです
これじゃフラッシュドローじゃコールできません


せっかくナッツフラッシュドローなのに・・・
悔しいけど降りるしかない・・・・


そのときスタックサイズが7000ぐらい
20%の確率に1275払っちゃうわけにはいきません


すっごく悔しいダウン



ハンド2
ブラインド400/800
私BBでKT
ボタン(さっきと同じ相手)がレイズ1650
SBフォールド
私コール

ボタンはレイトポジションでフォールドで周ってきたときはほぼレイズで入ってきます
何回この人と対決したか・・・


フロップ(3650)
789

うは、上ストオープンエンド2オーバーカード!!!
ナイスフロップ!


私チェック
相手ベット1500
私コール


ターン(7650)
789Q


まーそう簡単にストレート引けないですねー
リバーもみたいな


私チェック
相手ベット3300


私の残りスタック6800くらい


これ、コールできない額だ・・・・


フロップの打ち方からして相手はフロップではただのc-BETを打ったんだと思います
ターンでのベットはセカンドバレルか何か当たってるか


私がチェックしてて弱いのわかって打ってるブラフにも感じました


なのでまず私が思いついたのはセミブラフオールインすること


でも問題は私のスタックサイズ
セミブラフオールインしたとして相手のベット額3300に対して6800のレイズオールインになります


これ、相手降りるか?


この相手とはその日何度もぶつかりましたし、その人がだれかにオールインされてよくコールしてるの見てます


その人は先に打っちゃって半分以上入れてる状況では負けてそうでも必ずコールします


ってことで今の状況


仮に私がオールインしたあとしても彼はコールしてくる確率が高い
コールされちゃった場合、オープンエンド+1or2オーバーカードなので確率大体20%


ほぼ負けるでしょう


つまり、正しい選択はフォールドになります


でもここでもし相手がブラフしてた場合、私は-3150の大損です


せっかくこんなにいいフロップだったのに
こんなに損しただけで終わるのか・・・・



そう考えると気持ちはオールインかコールに傾きます


コールした場合、スタックの半分以上入れることになるのでポットコミット状態
当たろうが当たるまいがリバーでオールインすることになるでしょう


オールインした場合
20%の確率で勝利
80%の確率で敗退


相手がブラフだとしてもA持たれてればAハイに負けます


ってことでどう考えてもフォールドすべき
ってことで3〜4分は悩みましたが結局フォールドしました


そしたら相手が「そこまで考えたなら逆に見せないと申し訳ないですね、ブラフです」


って言ってJ4oを見せてきました


まぁブラフにも勝ってたんですね、私のKT
これは相手のブラフがうまかったとしか言えません


ベット額が絶妙すぎました


もし


もしあと1000か2000スタックが多ければオールインできてました


一応私は「もしオールインしたら降りてました?」


って聞きましたが、「さすがにJ4は降りますよ」



って返されました


まぁそりゃあのボードでチェックレイズオールインされたら例え半分入れててもJ4は降りますよね・・・


これは悔しすぎて死にそうでした


この2つのプレイを振り返って反省



つーか大反省です


ドローハンドでアウトオブポジションでチェックコールは弱すぎです


それなりに上手い相手ならポジションのある状態でのヘッズでは相手がフロップチェックコールからのターンチェックは完全に弱みの表れかドローってばればれです


そのブラフチャンスを上手い相手が見逃すはずがありません


そもそもドローハンドはポジションのある状態でプレイすべきです


でももしポジションのない状態でドローハンドをプレイするんだったらメイドハンドのふりして自分から打つべきです


最初の例ではA持ちのふりしてフロップチェックレイズオールインかフロップチェックコール、ターンベット


2番目の例ではまぁストレート主張まではいかなくともフロップでチェックレイズオールイン、またはフロップチェックコールのターンオールイン


チェックコール→チェックなんて絶対だめ


もうこんなフィッシュプレイ絶対やりません!
posted by Death at 22:59 | 東京 ☀ | 今日の教訓ホールデム編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小遣いブログ その他ギャンブルへ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。